【注意!】これは夜間や休日に具合が悪くなった場合の目安です。平日の昼間の場合は、早めにかかりつけ医を受診しましょう。

※赤ちゃんがわけもなく繰り返し泣くときは、おなかが痛い可能性があります。

確認1
  • ぐったりしている。
  • 泣いてばかりいる。
  • おなかをかがめて痛がる。
  • おなかが痛くて歩けない。
  • おなかをさわると強く痛がる。
  • 下痢・嘔吐を伴っている。
  • 赤ちゃんの場合、激しく泣いたり、間隔を置いて発作的に泣く。
  • 便に血が混じる。
NO
確認2
  • 痛みが軽くなっている様子で、我慢ができている。
  • 浣腸や排便をするとおさまり、元気にしている。
YES
自宅で様子を見ましょう。

時間とともに具合が悪くなったら、症状に合わせて受診しましょう。

【看護のポイント】

  • トイレに行って排便させてみましょう。
  • 腹痛が軽いときは、無理に食べさせないで水分を少しずつ飲ませ、様子を見ましょう。
  • 身体を横にしてみましょう(体の中のガスが動けば、楽になることがあります。)

医師や看護師が無料で相談をうけます

県北救急医療ダイヤル

0120-865-554

平日(月~土)午後5時~翌朝8時
日・祝・年末年始(12/29~1/3)24時間対応

救急車の前に。まずは看護師に電話で相談

小児救急医療電話相談

0985-35-8855

プッシュ回線#8000
午後7時~翌朝8時

サイトに関する問い合わせ

延岡市健康福祉部地域医療対策室
TEL.0982-22-7066

ページトップへ