発疹(ほっしん)が出た

【注意!】これは夜間や休日に具合が悪くなった場合の目安です。平日の昼間の場合は、早めにかかりつけ医を受診しましょう。

熱があるか、発疹の形状や、発疹が出たときの状況(食事の内容や外出の場所など)、どの部位に出たかなどを重点的に見ます。

確認1
  • 薬を飲んだ後に発疹が出た。
  • 盛り上がったリング状の発疹がたくさん出た。
  • 顔や唇がはれぼったい。
  • 息が苦しく、声がかすれている。
  • 鼻血、間接の痛みがある。
NO
確認2
  • 皮膚のブツブツにうみや汁がある。
  • 小さな水ぶくれが、ポチポチと出た。
  • 皮膚に小さな赤いブツブツがいっぱい出て、舌に苺のようなブツブツがある。
  • ほっぺたがリンゴのように赤くなった。
YES
自宅で様子を見ましょう。

時間とともに具合が悪くなったら、症状に合わせて受診しましょう。

【看護のポイント】

  • かゆみがあるときは、冷やすとかゆみが収まります。
  • かゆい部分をこすると悪化しますので注意しましょう。
  • 発熱のないものの場合、じんましんや虫さされ等が多く、発熱がある場合は感染症であることが多いようです。
  • 感染症であった場合、他の子供にうつすこともありますので、医療機関の受け付けではそのことを伝えましょう。

医師や看護師が無料で相談をうけます

県北救急医療ダイヤル

0120-865-554

平日(月~土)午後5時~翌朝8時
日・祝・年末年始(12/29~1/3)24時間対応

救急車の前に。まずは看護師に電話で相談

小児救急医療電話相談

0985-35-8855

プッシュ回線#8000
午後7時~翌朝8時

サイトに関する問い合わせ

延岡市健康福祉部地域医療対策室
TEL.0982-22-7066

ページトップへ